2008年02月10日

☆ユンディ・リ ピアノリサイタル☆

1/13(日) に福島市音楽堂で行なわれた『ユンディ・リ ピアノリサイタル』へ行ってきました!


CIMG2286.JPG



CIMG2289.JPG



CIMG2290.JPG


曲目は以下の通りです。

●モーツァルト「ピアノ・ソナタ第10番ハ長調K.330」
第1楽章:アレグロ・モデラート
第2楽章:アンダンテ・カンタービレ
第3楽章:アレグレット
●ショパン「4つのマズルカ Op.33
第1曲 嬰ト短調
第2曲 ニ長調
第3曲 ハ長調
第4曲 ロ短調
●ショパン「夜想曲第2番変ホ長調Op.9-2」
●シューマン=リスト「献呈 S.566」
●ショパン「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調Op.22」

休憩

●ムソルグスキー「組曲 展覧会の絵」
プロムナード
第1曲 グノームス
プロムナード
第2曲 古城
プロムナード
第3曲 テュイルリー
第4曲 ブイドロ
プロムナード
第5曲 卵の殻をつけたひなどりのバレエ
第6曲 サムエル・ゴールデンベルクとシュムイル
プロムナード
第7曲 リモージュの市場
第8曲 カタコンブ−ローマ時代の墓
第9曲 にわとりの足の上に建っている小屋(バーバー・ヤーガ)
第10曲 キエフの大門

アンコールはサンフラワー(中国民謡)でした。



とにかく素晴らしいの一言に尽きますexclamation×2
音が澄んでいて綺麗な演奏でした。
繊細な場面は丁寧に、でも見せ場は大いに盛り上がる…。その使い分けが上手いです。

感情移入してしまう演奏でした。
私が特に感動したのはシューマン作曲リスト編曲の「献呈」です。
ユンディのCD『ポートレート』を聴いてからこの曲が大好きだったので、生で聴けて最高でした!
去年6月にブレハッチのコンサートへ行ったのですが、その時にはブレハッチにショパンの面影を感じ、今回ユンディの演奏を聴いている時には、自然とリストの姿が浮かんできました。
お互いショパンコンクールの覇者でありながら、対称的な演奏をする二人…。
どちらも本当に素晴らしいピアニストだと思います。大好きですぴかぴか(新しい)


またいつか聴きに行きたいでするんるん







誰かWiiのスマブラX買いましたかexclamation&question
もし買った方がいたら、是非フレンドコード交換して対戦しましょう!
posted by 如月 愛 at 21:52| ☁| Comment(43) | TrackBack(5) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

クラシック音楽家★本人演奏集

ドビュッシー、クライスラー、ラフマニノフ、エルガー、フォーレ、ラヴェル、サン=サーンス、ガーシュウィン、ブラームス、サラサーテなどなど……

彼らの演奏の録音が残っているのを皆さんは知っていますか???
私はネットでこれらの録音を聞き、とても感銘を受けました!
本や写真上でしか出会えなかった有名な音楽家たち……。それがグッと身近に感じられるようになりました。
同じような感動をたくさんの人に味わってほしいと思ったので、本人演奏をまとめたブログを作ることにしました。

アドレスはhttp://cherry-classic-date.seesaa.net/です。
是非行ってみてくださいね〜るんるん
posted by 如月 愛 at 10:47| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

チェロの巨匠、ロストロポーヴィチ

世界的なチェロ奏者である、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチさんが27日にお亡くなりになられました。


毎日新聞の記事

ロストロポーヴィチとは(wikipediaより)


享年80歳…。非常に悲しいです。
私はこの方の演奏がとても好きでね…
特にバッハの「無伴奏チェロ組曲」と、ピアソラの「グラン・タンゴ」の録音がお気に入りでした。
他にもベートーヴェンのチェロソナタやブラームスの曲の演奏も良かったです!

最近この方の演奏を聴き、「良いなぁ〜」と思っていて、『チェロのコンサートに行くとしたらこの人の演奏を聴きに行こうexclamation』とか言っていた矢先だったので…
とても残念ですもうやだ〜(悲しい顔)


でもその輝かしい功績と演奏は後世まで残るでしょうね。
現代を代表する音楽家です!
もっとたくさんロストロポーヴィチの演奏を聴こうと思います。


皆さんも、是非!
posted by 如月 愛 at 17:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

死んでもいいー!

ユンディ・リが2008年1月に来日!!!




 ま じ で す か (゚∀゚)



行くしかないーっexclamation×2exclamation×2exclamation×2
こんなに早く夢が叶うなんて夢みたいだー!(何)
(チケット取れるか保障はないけど)
とりあえず行けるとすれば福島公演か…!
S席いっちまうかexclamation&questionぴかぴか(新しい)






えーと因みにユンディ・リは誰かと言いますと…

untitled.bmp


中国生まれのピアニストであり、2000年のショパンコンクールの覇者です!
しかもなんと最年少&中国人初の優勝者です。
コンクール期間中に18歳を迎えた…と。すごすぎー!
そして更に『クラシック界のキムタク』とも呼ばれていますw



初めてユンディの「ラ・カンパネラ」を聴いたとき、
『私が聴きたかったラ・カンパネラはこれだ!!』と思いました。

確かに今までも様々なアーティストの演奏を聴いてきましたが…これほど感動する演奏は初めてでした!私にとっての理想の音です!


ユンディの演奏はどれも私好みというか…
「ここで盛り上がってほしい!」とか、「じっくり弾いてほしい」とか…そういうポイントが全て押さえてあるんですよ!
ピアニストの演奏を聴いていると、自分の思っていた表現と異なっていることが多くあるので、初めて聴く時はドキドキものですが、ユンディの場合は何も心配せずに聴けます!
素晴らしいですよ揺れるハート





嬉しすぎてヤバイですね…w
2008年なんてもうすぐじゃないですか…!
posted by 如月 愛 at 21:40| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。